2015年8月4日火曜日

朗読幻奏4【夢うつつ】


2015年8月4日(火)
開場:18時半 プレトーク:19時 開演:19時半

作品:泉鏡花「化鳥」、京極夏彦「鬼交」
演奏:音ノ刃
スガダイロー(pf)、日比谷カタン(Gt・朗読)、福原千鶴(鼓・朗読)】
ゲスト:京極夏彦氏
プレトーク司会:東雅夫氏
チケット代4000円

チケットご予約受付は8/4正午まで。
以降は17時半以降、会場に直接お越し下さい。当日券若干ございます。
全席自由(当日18時から4階会場受付にて整理券配布) 
※17時半より前にはお並び頂けません
会場奥行きが狭く舞台までの距離はあまり差がありません)※未就学児のご入場はご遠慮ください

ご予約は roudokugensou@gmail.com 宛に
お名前・フリガナ/ 郵便番号・ご住所/ 枚数/
をご記入の上お申し込み下さい。
メールにて振込先等をご連絡致します。


会場:本所地域センターBIG SHIP4階ホール
(墨田区本所1丁目13番4号)

電車でお越しの方
都営浅草線・都営大江戸線「蔵前」駅より徒歩8分
東京メトロ・都営浅草線「浅草」駅より徒歩12分
都営浅草線「本所吾妻橋」駅より徒歩12分
JR「両国」駅より徒歩15分
バスでお越しの方
東京都バス
「本所一丁目」バス停より徒歩1
38(東京都リハビリテーション病院前)(両国駅前)
24(東大島駅前)(浅草寿町)
02(錦糸町駅前)(大塚駅前)
33(亀戸駅前)(豊海水産埠頭)
 区内循環バス
(すみだ百景すみまるくん)
19番「若宮公園入口」バス停より徒歩3

2015年7月12日日曜日

東雅夫さんの[朗読幻奏4]推薦文と作品解説


 今年もまた、「音ノ刃」の夏がやってきた。
 スガダイロー、日比谷カタン、そしてコンセプト・メイカーである福原千鶴というトリオが、誰も聴いたことも視たこともない朗読と演奏の文学魔界を、ステージ上に幻成させる季節──今年は、ユニット名の命名者である京極夏彦がふたたび参加して、もはや伝説と化したファースト・ステージの興奮が再現されることになりそうだ。
 なにしろ演目からして今回は尋常ではない。京極による話題の新作『鬼談』の巻頭に収められた稀代の怪作「鬼交」と、文豪・泉鏡花の初期傑作「化鳥」という、およそ1世紀を隔てて相対峙する異形の独白体小説のカップリングである。
 キイワードは……「混淆」だろうか。夢と現実(うつつ)が、人と人ならざるもの(魔物であれ禽獣であれ翼の生えた美女であれ)とが、思うさま混じり合うことの陶酔と、隠微な官能と。ぜひ御一緒に、融け合いましょうぞ。
     
東 雅夫(文芸評論家/アンソロジスト)


【化鳥解説】
文豪・泉鏡花が1897年4月、「新著月刊」第1号に発表した短篇小説。作者の故地・金沢の浅野川周辺を舞台に描かれる、無垢な少年の目に映じる卑俗な人間たち、蠱惑的な自然、天啓のごとく到来する有翼の佳人……時代に先駆けた一人称独白体小説として近年、再注目されている小傑作。国書刊行会から『絵本 化鳥』(中川学・絵)も発売中。

【鬼交解説】
京極夏彦が2000年2月、競作集『エロティシズム12幻想』に発表した短篇小説。淫夢魔(インクブス/スクブス)の伝承をベースに、睡眠中の女性を襲う得体の知れぬモノの恐怖と魅惑を、変幻自在な一人称独白体で描き、衝撃を与えた異色作である。最新の短篇集『鬼談』(KADOKAWA)の巻頭に収録。

2014年9月5日金曜日

朗読幻奏3【妄執】ーー「海神別荘」・「地獄変」ーー


「奈落へ来い。奈落にはーー己の娘が待つてゐる」
ーーフリージャズと怪奇幻想文学の燃え爛れるセッション!

2014年9月5日(金)

18時半開場 19時開演(21時15分頃終演予定)

音ノ刃スガダイロー(pf)
       日比谷カタンgt、朗読)
       石井千鶴(小鼓、朗読)
ゲスト:山口崇(朗読)

トークゲスト:東雅夫「鏡花と龍之介の親交をめぐって」


会場   深川江戸資料館小劇場
     半蔵門線 大江戸線「清澄白河駅」
     A3出口より徒歩3

作品   芥川龍之介「地獄変」
              泉鏡花「海神別荘」



チケット代 3100円(前売)3500円(当日)
全席指定 
チケット発売中
roudokugensou@gmail.com 宛に
お名前・フリガナ/ 郵便番号・ご住所/Email / 枚数/
をご記入の上お申し込み下さい。

なお、ご希望があれば、以下から希望する座席のエリアをお書きください。
最前列/前方/中央/後方
*残席によってはご希望に添えない場合もございます。ご了承ください。

※お支払いはゆうちょ銀行振り込み(振込手数料はお客様のご負担)となります。
 チケットの確保が済み次第、金額と口座をご案内します。
 一週間以内にお振り込み頂けない場合お席が変更になる場合があります。
※チケットは入金確認後郵送となります。なお、お振込みから発送までお時間を頂く場合もございます。
※入金後のキャンセル・変更はお受けできません。
※3日以内に当方からの返信がない場合、roudokugensou@gmail.com までお問い合わせください。 


制作協力 岩神六平事務所  
   


2014年8月28日木曜日

山口崇さんインタビュー映像

今回ゲストにお迎えする山口崇さんは、「天下御免」の平賀源内や、「大岡越前」上様としても有名ですが、こちらは昨年(2013年)「新・御宿かわせみ」に出演された際のインタビュー映像です。(画像をクリックするとリンク先に飛びます)



2014年8月5日火曜日

2013年 朗読幻奏【姫と鬼】映像

 昨年夏、京極夏彦さんをゲストにお迎えした際の映像を公開いたしました!

2014年7月22日火曜日

2014/9/5 朗読幻奏3【妄執】推薦文——東雅夫さんから

 スガダイロー、日比谷カタン、そして石井千鶴——京極夏彦によって、いみじくも「音ノ刃」と命名された朗読&演奏ユニットによる公演が、今年も所縁の地・深川で開催されるという。たんなる朗読とも演劇とも異なる独特なスタイルは、回を重ねるにつれて磨きがかかっている印象なのだが、今度はいかなる趣向と技倆を繰りだして、われわれ観客を驚嘆させてくれるものか、愉しみである。
文芸作品、しかも幻想と怪奇のそれに飽くまで拘る彼女らが今回、演目に選んだのは、泉鏡花と芥川龍之介という稀代の「お化け好き」師弟コンビの作品——「海神別荘」と「地獄変」だ。
 かたや「水」、かたや「火」の幻怪なイメージが全篇を浸す、まことに好対照な両作品が、音ノ刃マジックによって新たな生命を吹きこまれる様に注目したい。

東 雅夫(文芸評論家/アンソロジスト)

2014年1月10日金曜日

朗読幻奏2【鵺】


    2014年3月15日(土)14:30開演 14:00開場
朗読幻奏2【鵺】

演目:泉鏡花「露宿」/田中英光「現代変形談」

於:新宿PitInn
http://www.pit-inn.com/

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-4 アコード新宿B1
03-3354-2024



料金:3000円(1D付)

出演:音ノ刃=石井千鶴(朗読・鼓)+日比谷カタン(朗読・G.)+スガダイロー(Pf.)
       ゲスト 田中教順(Drs.)


予約:2/1の11:00am~
新宿PitInnの電話 03-3354-2024 または

メール shinjuku@pit-inn.com にて。
"なお、予約締切・人数の変更は前日の11p.m.となります。

 また、当日は予約の方からの優先入場となります。
 メール予約の方には、予約確認のメールを返信いたします。
 返信のない場合は、お手数ですが当店までご連絡下さい。"(新宿PitInnホームページより)
開場時間の14時にお名前をお呼びして入場して頂き、特別早くお越しいただく必要はないとのことです。

【朗読幻奏】
小鼓の演奏家として博士号を持ち、長唄・筝曲はたまたフリージャズの世界で活動する石井千鶴
広告デザインと並行し、変幻自在の歌と声色、独創的なギターで活動する日比谷カタン
ジャズ界のみならず多彩なセッションを重ね、今もっとも注目されるピアニスト、スガダイロー
の3人によるユニット「音ノ刃」が、古今東西の文学作品を朗読・演奏するシリーズ【朗読幻奏】。
第1回は京極夏彦氏をゲストに、京極夏彦『鬼縁』/泉鏡花『天守物語』を取り上げ大好評を博した。
「音ノ刃」は京極夏彦氏の命名。